BLOG

ブログ

カラーの種類

カラーリングとは髪を染める事を総評して言います。大きく分けて4つあります、そのメリットとデメリットを説明したいと思います。

1、【アルカリカラー】一般的に一番使われるカラー剤です、髪を明るくするファッションカラーや白髪染めです。発色が良く色んな色を楽しむ事が出来ますが、髪へのダメージを伴いますので前処理や後処理が必要になります。

2、【酸性カラー】ファッションカラーと白髪染めがありますが脱色作用があまりないので髪へのダメージはほとんどありませんがその分発色もあまり良くありません、UVカットの目的や白髪が少ない方にオススメです。太陽光の下で色が分かるくらいです。

3、【へナカラー、草木染め】天然植物で髪へのダメージはほとんどありませんが脱色作用が少ないのであまり明るくなりません、ハリコシが出ますのでエイジングカラーとしては良いと思います。白髪を染めるのには的してるカラー剤です。植物アレルギーがある方かぶれますので注意が必要です。

4、【ブリーチ】脱色剤です。ハイトーンや最近ではWカラーなど幅広く色を楽しむ事が出来ますがハイダメージのカラー剤ですので髪や頭皮に負担がかかります。最近ではダメージを軽減できる【ファイバープレックス】と言う商品が話題でどのカラー剤に入れてもダメージがかなり軽減できますのでよりカラーを楽しむ事が出来るようになりました。

目的や用途に合わせて単体ではなく組み合わせてカラー剤を選ぶ事ができますのでスタイリストにご相談下さい。