BLOG

ブログ

理美容室の軒数と現状(箱崎、筥松、馬出で美容室をお探しの方はシーズヘアへ)

皆さん美容室は何処行っても多いと感じますよね。まさにその通りで全国の事業所の中で美容室が一番多いのです。比較をして見ますと、2019年全国の美容室の軒数は25万千軒で前年比1.4%増、そのうち福岡県は9736軒で全国7位に位置します。ちなみにコンビ二は5万6千軒、歯医者は6万5千軒、信号機は19万機といかに美容室が多いか分かると思います。一方理容室は11万2千軒と前年比1.6%減となっています。美容室に男性が多く行くようになった為苦戦を強いられてるようです。何故美容室が多いのでしょう?ここ数年の美容室の開店を見ていると従業員数1,2名での出店が多いようです。出店が多い理由としては小さな規模での営業も出来る事と設備投資があまりかからない為事業資金が少なくてすむ事ローリターンローリスクである事があげられると思います。ただこのまま増え続けて行くのかと言うとそうではなく、人材不足はどの業界も襲っています、特に技術職(理美容師、調理師など)はなり手が少ない上専門学校に行っても半数近くの人は辞めてしまいます。人口も減少していますので淘汰されて行くと思います。今業界も飲食店に匹敵する位影響を受けています。これだけの軒数があれば理美容業界が休業要請を受けないのは納得できるでしょう。補償しきれないからです。現状はほとんどの店が前年比50~60%位集客が激減している状態です。先が見えない今理美容室に限らずコロナ倒産が増えて行くのは間違いありません。そうならない為色んな知恵を絞って乗り切って行こうと思っています。皆さんもこの苦境を前向きに乗り越えましょう。